ダイエットの秘訣は血糖値を上げないこと

食事制限をしたり運動をしたりと、ダイエットにはいろいろな方法があります。しかし最近のダイエットでは、血糖値の変化に注目が集まっています。血糖値とダイエットの関係について、調べてみました。

一昔前はダイエットといえば、カロリーの計算ばかりしていませんでしたか? 食事摂取したカロリーと、運動などで消費したカロリーの差が、体重の増加になると思っていました。

最近ではカロリー計算よりも、血糖値が上がりすぎることのほうが、太る要因だとされています。つまり同じカロリーの食事を摂ったとしても、血糖値の上がり方次第では、あまり太らずに済むということです。

一番太りやすいのは、血糖値スパイクと呼ばれる、急激に血糖値が上昇する状態です。血糖値が急激に上がれば、血糖値を下げるために、インスリンが大量に放出され、糖は脂肪に代わり太りやすくなります。

最近トクホの血糖値を抑える飲み物なんかが、売られていますよね。これらの飲み物には、難消化性デキストリンなど、血糖値を上げにくくする成分が入っています。

ダイエット茶なんかも、似たような仕組みになっています。私が愛飲してるからだ楽痩茶はギムネマや桑の葉など、糖を吸収されにくくする成分が入っています。

このような血糖値に注目したダイエットをすれば、必ずしも食事制限をしなくても良くなります。