産後のバストアップ

妊娠中から授乳中にかけては、バストがサイズアップする人が多いですね。バストがそのままでいてくれれば、どんなに嬉しいことでしょう。でも残念ながら卒乳をきっかけに、バストはしぼんでしまいがっかりします。

授乳中は赤ちゃんに与える母乳を作るために、乳腺が発達するのでバストのサイズがアップします。しかし卒乳して母乳を作る必要がなくなれば、乳腺も役割を終えるので、バストがしぼんでしまいます。また卒乳後の乳首の黒ずみも、だんだんと元通りに戻っていきます。

このようなバストの変化は、誰にでもおこることです。しかし産後でも、バストアップを諦める必要はありません。産後でもバストアップに成功してる女性は、たくさんいますよ。

バストアップの基本は、筋トレとマッサージです。このバストアップ方法は、産後でも同じです。まずは胸周りの筋肉を強化して、胸の脂肪を支える土台を作ります。腕立て伏せや合掌のポーズで、胸筋を強化します。

そしてバストマッサージで、リンパや血液の流れを促進します。バストマッサージの効果を高めるには、入浴中のマッサージがおすすめです。あまり強くマッサージすると、じん帯を傷つけることがあるので、注意してくださいね。